削ぎ落とせ 古いパラダイム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言

こんばんは。くたちゅうです。
ポケモンのネタがほとんど無いので関係ない話を。
読んだあとに吐き気がするかもしれません。




最近ふと考えたんですけど、理想と欲望の間に妥協点があるのなら、
実際より高い理想を掲げてみれば、妥協点が理想に収まることがあるのではないかなと。

いい例が冷房の設定温度ですね。
28度が好ましいと言われてますけど、仮に全世帯を対象に冷房の設定温度を調査したら
平均値は28度を下回ることが予想されます。27度くらいでしょうか。

もし仮に最初から29度を理想として掲げていたらどうなったか。
これは前例が無いのでよくわかりませんが、28度という理想に近づいたと思われます。


ここで、いきなりですが目標と理想を定義します。
理想とは、全体的に見て最も望ましいもの。
目標とは、個人的に最も望ましいと思われるもの。
つまり、理想は明確な数値を元に客観的に見ても確定的な最高の状態。
それに対して目標は個人的に最高だと思う状態のことを言うとします。

理想は、個人的なベストでは無いので、理想に近づける必要がない場合には
努力を怠るので、理想になかなか近づかないです。
それを近づけるための策として上記のようなことを考えました。
努力をしきっていないので、伸びる可能性はあります。

では目標の場合はどうでしょうか。
目標は個人にとっての最高状態なので、できるだけ努力をして
目標が達成できるように頑張ります。
仮にその目標が達成できる程度の努力をできるのなら、
目標を高くすることで、仮にその目標に届かなくても、
それに近づけることは出来ます。

問題は高い目標はおろか元々の目標にさえ努力しても届かない状態のとき、
目標を高くすることで、多少は近づくことはあるのでしょうか。

「目標は高く」と言われることがあります。

先程の問題を今までの考え方で考えると、目標を高くしても
努力の限界に達しているので無意味と言えます。

しかしなぜ目標は高くと言われるのか。
それはもちろんそうすることに意味があるからです。
目標は自分にとって最高の状態であるので、どうしても達成したいもの。
理想とは自分に与える心理状況が大きく異なります。
高い目標を掲げることで、自分の達成できるレベルが飛躍する可能性は高いです。

その心理状況は数字では説明できないものです。
理想に近づけるためには、どうしても数値といったものが出てきます。
数値でなくても、強引に理想に近づけていくことになってしまいます。


ただ、理想に近づけることも、目標と同様最高の状態を目指していることに
変わりはないので、必要なことです。
でも、数字で引っ張ることだけでは限界があります。
例えば28度理想で実際27度だったとき、
29度を理想に掲げたら同じ伸び率で実際28度になるとは限りません。


だから、理想を実現するためには、理想を目標にすることが必要と言えます。
理想を全員の共通の目標にすることが一番いいことです。






で、最近の自分は理想に近づける気力がないんですが、
目標にも成り得そうにないので、このまま夏休みは爆死かなぁ・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。